ヘアカラー記事

【グレイカラー】「白髪染め」ってどんな薬なの⁈

最近、白髪染めをするお客様が増えてきました。今回は白髪染めについて詳しく説明したいと思います。

そもそも…

白髪染めって何⁈

基本的には白髪染めも普通のファッションカラーもメカニズムは同じ薬です。


普通のファッションカラーと一体何が違うのかと言いますと…

○色が濃く作られている
○パワーが強い

白髪をしっかり染めるためには色の濃さとパワーが必要です。

白髪は黒髪とは違い、色が入っていないので濃い色素で染めないと染まらないのです。

そして、白髪は黒髪よりも髪が染まりづらいという特性があるのでパワーが必要です。

白髪が染まる限界は7レベル

今のところ、明るく白髪をしっかり染めるのは7レベルまでです。

それ以上明るく染めると、染まりがあまくなってしまいます。言い方を変えると、「周りの明るい毛と馴染んで白髪だと分かりづらく見せる。」という状態になります。

つまり、明るく染めると白髪はシッカリ染まらずに残ってしまうため完全に白髪をシッカリ染めたい人には暗めに染める事をオススメしています。

オススメはしっかり染まる6〜7レベル

白髪をしっかり染めつつ髪の毛に艶を与えるなら6〜7レベルがいいでしょう。

(この写真のヘアスタイルはちょうど6〜7レベルくらいです。)

髪の毛は明るくなればなるほど透明感はでますが、同時にパサついて見えやすくなります。

年齢が高齢になればなるほどパサつきやすい髪質になっていくので、エイジングケアも含め6〜7レベルに染めて艶のある若々しいヘアスタイルにする事をオススメする事が多いです。

では、実際に染める手順を説明いたします。

根元は白髪染め、毛先はイルミナカラー

根元は白髪をしっかり染めたいので白髪染めを。毛先はダメージを抑えつつ艶を出すためにイルミナカラーを使います。

こちらがビフォア。

このブログのために、お客様に協力していただきました。ありがとうございます!

根元は白髪染めのカラー剤で信頼度の高いオールディーブクリスタルの5レベルと7レベルを1:1で6レベルに仕上げます。

根元に丁寧に塗布。

このまま15分放置して、根元の白髪をしっかり染めます。

15分後…

毛先用に作ったイルミナカラーを塗布します。

このまま10〜15分放置でシャンプー。

仕上がりがこちら

根元から毛先までしっかり染まり艶が抜群に出ました。


手触りも良くなり扱いやすいヘアスタイルに。

染めるペースはどのくらいがいいの?

人それぞれ白髪の量にもよるのですが、「気になってきたら」がいいです。が、白髪染めの場合は1ヶ月に1回ペースで染めるのが理想的です。

人によっては3週間に1回染めにいらっしゃる方も居ますよ。

よかったらご参考ください。

よいヘアカラーライフを!

それではー

creative wordpress theme