ブログ&コラム

レザーカットのメリット

いつもネットにあげていて何度も言っている

「乾かしただけで簡単にまとまるボブ」

「毛先が柔らかく馴染みが良い質感」


僕のインスタグラムやブログを見ている人なら見飽きたぐらい見たことあるヘア。

こういったシンプルなヘアスタイルにも、僕なりにこだわりがあります。

レザーで切る

レザーという道具を使って切ります。

手前がレザー。奥にあるのが替え刃。

レザーは刃を手軽に新品の刃に変える事ができるため、常に切れ味の良い新しい刃で切る事ができます。

そのため、切れ味の良い刃で切る事になるので髪が傷みにくく結果的にまとまりやすくなります。

しばらく研いでいないハサミでカットしたり、しばらく刃を変えていないレザーで切ると髪は傷みます。

僕の場合1〜2人カットしたら新品に交換します。

1人目は刃の内側半分を使い、2人目は刃の先の方半分を使って切るなどして髪が傷まないように使用しています。

僕が感じるレザーで切るメリット

・早く切れる
・梳きバサミを使わずに毛量調整が可能
・毛流れをつけやすい
・毛先の馴染みが良い
・内側に入るように切りやすい
・クセ毛も扱いやすく切りやすい

などなど…

ハサミで切るのももちろん良いのですが、レザーカットの方がそういったメリットがあると感じています。

美容師さん向けに専門用語使って言うと…

切り口が全てレイヤーになり、レイヤーの重なりでヘアスタイルを作るため、毛先全てに下から入れるチョップカットが入った状態でベースカットが終わります。

全て中心点から放射線状で落ちる位置でカットし、毛が行きたいところに毛を落としながら切るのでお客様にとって再現性が高いヘアスタイルに仕上がります。

そうやって切ると、乾かして放射線状に手ぐしで整えるとこういう感じにまとまりやすくなります。

レザーについては話すと4日間くらいかかるので今日はこの辺で。

それではー

creative wordpress theme