音楽

家での音楽鑑賞を極める

趣味は音楽鑑賞です。

というのも、最近はもっぱら家でレコードを聴いています。レコード自体は10年ほど前から買い続けております。

音楽を楽しむ為に音質というものも重要になってくるわけですが、音質の良し悪しというのは完全に主観なので自分が良いと思うセッティングで楽しんでます。

今日のブログはそんなマニアックなオタク話です。興味ない方はそっとホームボタンを。

基本的にはレコードで聴きます。

アナログレコードが1番好みの音質で楽しめるからです。圧縮されたデータ音源と比べると全然違いますよ。

アンプ代わりに使っているPioneerのDJミキサー。こちらはPioneerが販売した最後のアナログミキサーなのでアナログレコードを再生するのに相性がピッタリです。Pioneerがアナログという形でできる限りのことを最後にチャレンジして作ったミキサーです。

このミキサーがデジタルだと音質が変わります。アナログにはアナログを。相性があるわけです。

専門学生時代に初めてクレジットカードを作って買った大きな買い物でした。当時は10万円で24回払いで買いましたが、今でも使い続けています。

この大きいツマミが3つ付いたドープリアルのアイソレーターが我が家の音質の決め手と言っても過言ではありません。これだけで、13万もしました。これを通すとドープリアルの音になります。

我が家では、普段はなかなか聴こえない繊細な高音部分をアイソレーターでブーストしています。

そうすることで、楽器のアタック音が聞こえます。ベースを指で弾く音や、ドラムの叩いた瞬間が歯切れよく聴こえます。

こちら側はスピーカーとウーファーを置いてます。

さらに向かい側にも

スピーカーとウーファー。

茶色のスピーカーはテレビに繋がっているので、レコードを聴くときは上にあるスピーカーから音が出ます。

レコードを聴く場合は全て合わせてスピーカー4発とウーファー2発。

オリジナル4.2chです笑

ウーファーがあるおかげで低音もしっかり聴こえます。アイソレーターで高音も増幅させているので幅広い周波数の音域を聴き取ることができます。

それを…

間にあるソファーで聴きます。

もう至福の時です。

目を閉じれば目の前でライブ演奏しているかのような立体感に包まれます。

デジタル機器の場合良い音質で楽しむには多額なお金がかかります。高価な機材ほど音が良いのです。

ですが、音楽を楽しむ上で1番重要で感動するポイントは、メロディだったり曲の構成だったりガッツのある音なわけです。それだとやっぱりアナログ。

それをせっかく感じるなら、四方から音が自分に向かってきて低音域から高音域までしっかり聴こえる事が僕にとっては心地が良くさらに感動を味わえるわけです。

そんなわけで4.2chのサウンドシステムに安定しました。

特に85年より古いアナログレコードを聴くと音がとても良くて、当時の空気感を感じ取れる気がします。

好きな音楽と一緒に過ごす時間はとてもリラックスできますし、感動もします。

そんな僕の趣味のオタク話でした。

それではー

creative wordpress theme