ブログ&コラム

自宅での白髪染めの注意点

こんにちは河村です。

新型コロナウイルスで外出自粛の日々を過ごしている女性の83.5%が「今、美容室に行く事を躊躇する、ためらう」と回答した。という記事を読みまして。

やっぱりそうだよなぁ…。

行きたくても、悩まれている方が多いと思います。なので、根元の白髪が気になってカラーしたいけど行けないからセルフカラーしたい!という方に向けて自宅でのカラーの注意点を書く事にしました。

白髪用のカラートリートメント、カラーシャンプー、など様々な家でできるヘアカラー剤がありますが、お店で使うアルカリカラー(白髪染、オシャレ染等のヘアカラー)と相性が悪いものがあるので、心配な方はご相談ください。

相性が悪いと、思った色と違う色に染まってしまったりしてしまう場合がありますので注意が必要です。

他にも、「優しい」とか「低刺激」など表記されてるものでも、色味が濃くて一度暗くなってしまった場合は元の明るさに戻せないこともあるので気をつけましょう。

塗るときは根元だけにつけましょう。説明書通りにクシでとかしたりしすぎてしまうと、染料が毛先に付いてしまい全体が暗く仕上がる場合もあります。暗くなってしまった場合、すぐに元の明るさに戻すのが難しくなる事もあります。

エトネでは、自宅用の部分的な根元だけ染めるカラー剤を取り扱い始めました。

この白髪染めカラーは、いつもお店で染めている色味に僕が色合わせができるので暗くなる心配が少ないです。

お店で使ってるメーカーと同じカラー剤なので、髪へのダメージが市販のカラー剤に比べて少ないです。

ただ、量は少ないので全体の根元は染めれません。顔まわりとトップや分け目のみを染めるような感じです。目立つ部分だけでも染めたい人にオススメです。

自宅でのカラーについて気になる方は、ご相談ください。

それではー

creative wordpress theme