ヘアカラー記事

【ヘアカラー】ダメージが少なくて、色持ちが良いアッシュに染めるには?

「ふと思ったのですが、毎日誰かしらをアッシュに染めてるかも。」

  

  みなさんこんにちは!

仙台で美容師をやっています、河村裕貴です。

ヘアカラーが好きです。

カラー剤を眺めてるだけでも飽きないぐらい好きです。ただ単にヘアカラーオタクです。

最近、お客様の髪を染めていて思ったんですよね…。

「毎日、アッシュに染めてるな…。」

 美容師なら珍しい事ではなく、そう思う美容師さんは他にもいるのではないでしょうか。

僕は、お客様をアッシュ系に染める事がダントツで多いです。なぜなら、「アッシュが得意だから。」

もちろん、その人に似合うようにアッシュのパワーはコントロールしますよ。

ヘアカラーの中でも、アッシュが1番リクエストも多く、みなさんが思っているよりも簡単にブリーチしなくてもアッシュに染められます。(上の写真の女性たちのヘアカラーはブリーチしていません。)

実際にアッシュ系のヘアカラーの仕上がりって綺麗ですよね。良い色です。

その人の髪質に合わせて、カラー剤のパワーをコントロールするので、赤味が出やすい人でも綺麗なアッシュにする自信があります。

  

 このコバルトアッシュというカラー剤が良い色出してくれます。マイフェイバリットカラー剤です。

コントロール次第で、濃くアッシュを入れたり薄く入れたり、明るくしたり暗くしたり、臨機応変に対応できるカラー剤です。ひたすらこのカラー剤を使って研究してきました。

このカラー剤に出会えて良かったです。本当。

  
他にも「イルミナカラーのオーシャン」も綺麗ですよね。

「今朝、そのCA8【コバルトアッシュ】でカラーしてカットして、スタイリングして、撮影しました!」

  
 

見よ!このプラチナアッシュを!

透明感ハンパないですよね。

薄く染めずに、濃く染めるのがポイント!

アッシュは濃ければ濃いほど赤味を消してくれます。
薄いと色落ちも早いので、染めるなら断然濃いめでカラーするのが良いです。

  
アッシュが濃いから、明るすぎず、暗すぎず丁度良い明るさになり、色持ちも良くてダメージも少ないです。

髪も傷んで見えにくい明るさなので、髪の毛が綺麗に見えます。

「軟毛」「細毛」「色白」「地毛が少し茶髪」の人はアッシュに染めるのが簡単!

軟毛、細毛の人はアッシュに染まりやすいです。

あと、肌が色白の人や元々地毛が少し茶色の人も綺麗に染まります。

これは、僕の経験談です。いろいろな理論がありますが、僕は自分で染めた経験を元にカラー剤を使う理論を作っています。

んでも、「剛毛」「太毛」「色黒」の人も諦めないで!

アッシュに染めれますよ!

必要以上にブリーチしなくても大丈夫です!ブリーチ使わずに2回アッシュでカラーするなど、薬のパワーもコントロールしていき継続してカラーすれば可能です。

  
是非、ご参考ください。

ヘアカラーについてブログに書いていますので、よかったらご覧ください。

ヘアカラー記事: http://www.yuukikawamura.net/archives/category/ヘアカラー

creative wordpress theme